メニュー

品質管理

品質管理

Kamei Teruhisa亀井 照久

meister01

「縁の下の力持ちとして、品質を支えていきます」

長く着用するユニフォームだから、きちんとした商品をお客様にお届けするために、品質管理は全体から細部に渡り、チェックしなければならない。

長年こだわり続けてきたダイイチの品質を維持していくために大切にしていることは。

服づくりの全体を見通せた最後の世代だからこそ

hin p1大手アパレルメーカーを定年まで勤め上げ、ダイイチに入社しました。時代は大きく変わり、服飾業界は専門化が進み、今ではもう完全に分業状態となりました。けれども幸運なことに、私は工場勤務から会社員生活をスタートさせ、最初の工程である染織や縫製の現場を体験することができました。その後、企画や社内外の折衝などを30年ほど携わったおかげで、服作りを最初から最後まで関わってきたと胸を張って言える気がします。今となっては、私たちより下の世代は総合的に服作りにかかわることが少なくなり、その分、専門性は増しました。けれども今、私が携わっている品質管理の仕事は、総合的に見通せる視点が必要で、この経験が役に立っていると思っているところです。
例えば、ポロシャツのポケットの「ひきつれ」を発見したとき。これがどうして起こったかは、工程が理解できていた方が、原因の推察は容易にできます。わかっていないと遠回りしますが、わかっていれば改善に向けての助言などが効率的に行えます。

ここまでしないといけないのかと、ユニフォームの奥深さを体感

hin p2

アパレルの経験があるから、ユニフォームの世界は1年ほど勉強すればつかめるだろう、と思っていましたが、現実は大違い。「ここまでやるのか!」という厳密で厳しい世界に、目が開かれる思いが続きました。耐久性、使いやすさ、お客様の希望をクリアすることなど、品質管理の仕事は多岐に渡ります。
まずは、お客様の要望が記載された仕様書通りに仕上がっているか。洗濯表示や組成が合致しているか。縫い目が飛んでいないか。「ひきつれ」などがないか。ファスナーやボタンが、正しい位置についているか等々。これらが行われていないと、工場へ出向いて工程確認や指導を行いますし、納品後もお客様の苦情があれば商品や着用状況を確認し、対応方法を伝えます。
ユニフォームは仕事着として毎日着るものです。ですから素材組成や、洗濯や紫外線に耐える耐久性などの「物性」がアパレル以上にシビアに問われます。そこを体得するのに時間がかかりました。

着やすさは基本、常にそこに立ち返ることで手がかりが得られる

hin p1

人間の体は立体ですが、服を作るには、一度型紙で平面にして生地を裁断し、そこから立体に縫い上げていきます。立体として体にフィットすれば着心地がよく、そのための技術はたくさんあります。ですがオーダーメイドとは違い、大量生産となると、複雑で専門的な工程はコストの上昇につながるため、なんとか折り合いをつける必要に迫られます。
その結果、着心地の悪さに繋がってしまったら、お客様の信頼を失うことになります。ユニフォームの基本は、何といっても着心地の良さです。問題が生じたときは、常にここに立ち返るようにしています。手間ひまをかけていけば、いいものは必ずできますが、余分な工程を省くことで着心地を確保できるテクニックはあります。ここが長年アパレルに携わってきた私に期待されていることなのかな、と思っています。

品質を維持するだけではなく、さらなる向上も

hin p1ダイイチで扱っているユニフォームは、作業服からスーツ、白衣まで幅広くありますが、大半が仕事で繰り返し着るもの。ですから、長く着ることのできるというのも大切な要素です。着心地がいい、仕事がしやすい、と機能性に優れていることはもちろん、デザイン性もあれば最高です。お客様が気に入って、愛着を持って長く着用してくれればいいですね。
オリジナルデザイン商品で問題があれば、お客様の仕事を妨げることになります。既製品もチェックは同様に行います。品質管理の仕事は、問題が起きないように対策を立てることはもちろん、問題をいち早く見つけ出し、解決していくこと。完成まで丁寧にチェックしていく、いわば縁の下の力持ちという立場です。ダイイチの品質を維持する立場でありますが、維持だけでは不足だと感じています。より一層向上していき、良いものを生み出す支えとなる必要があると考えています。

経験から得られた知識を、できるだけ伝えていきたい

hin p1

製造品質の確認だけではなく、企画から携わりながら素材やデザインについて一緒に考えていこうと、今、体制を整えつつあります。すぐ後ろにはデザイナーがいて、下の階には営業がいて…、と距離的に近いという会社の特性を活かし、交流を深めていきたいです。
国内、海外の縫製工場を視察する際も、自分が経験した知識をアドバイスするように心がけています。縫い目にガタツキを出さないための方法や、経験の差によってスタッフの担当職分を変更したほうがいい分野など、いいものを作るための助言は惜しみません。協力し合って、質の高いものが作れるようになったときは嬉しいものです。
そうしていくうちに「教えてください」と人が集まってきてくれるのも、仕事をしていてよかったと思う瞬間です。できる限り、広く深く伝えていきたいと思います。